骨折・脱臼でお悩みの方へ

  骨折・脱臼でよくあるお悩み

  • 転倒して
    手をついた後
    手首が変形
    してしまった

  • ゴルフの
    練習で脇腹が
    痛くなってきた

  • スポーツ中に
    転倒し、肩が
    外れてしまった

  • 骨折・脱臼から
    早く部活に
    復帰したい

骨折・脱臼をできるだけ早く回復させるために

骨折・脱臼は、身体に強い外力が加わった際に発生することがあります。

スポーツ時のケガや、転倒、事故によっては日常中に起こることもあります。

 

変形や機能障害が残るおそれもあるため、負傷後の適切な処置が重要です。

 

こちらのページにて、骨折・脱臼の原因と対策(対処法・予防方法)をしっかりと確認していきましょう。

骨折・脱臼でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

スポーツ時や事故によってみられる骨折・脱臼

骨折・脱臼は、選手同士の衝突や転倒の多いスポーツで発生することが多くみられます。
ケガからの早期復帰は、負傷後いかに素早い処置ができるかにかかっています。

骨折・脱臼へスムーズな対処ができるよう、こちらでは各外傷が発生する原因と特徴的な症状(固有症状)をまずは確認していきましょう。

 

【骨折について】

 

骨折とは、骨が折れてしまったケガになります。
損傷の程度によって、完全骨折と不全骨折に分けられます。

●完全骨折:骨の連続性が完全に断たれたものを指します。
●不全骨折:ヒビが入ったり、一部が欠けたり、亀裂が入ったりしたものを指します。

 

【骨折の種類・原因】

 

●外傷性骨折

骨に大きな外力が加わることで発生した骨折です。

・スポーツ外傷(転倒、衝突、転落)
・交通事故によるもの
・日常中の転倒、転落

などが挙げられます。

●疲労骨折

繰り返しの外力を受けることで発生した骨折です。
ランニングやゴルフのスイングなど、スポーツによって生じることが多くなっています。

●病的骨折

病気によって、わずかな外力で発生した骨折です。
骨粗鬆症、骨腫瘍、転移がんなどが原因に挙げられます。

 

【骨折の症状】

 

●一般外傷症状

・疼痛骨折した箇所に限局した圧痛があります。(限局性圧痛)
また、骨折部より離れた箇所から牽引や軸圧などを加えると、患部に痛みが響くことがあります。
「介達痛」と呼ばれ、捻挫や打撲など、他の外傷と見分ける際のポイントになります。

・腫脹:血管の損傷によって内出血を起こし、皮下出血斑を認めることがあります。

・機能障害:痛みによって、関節運動に制限が出ることがあります。

●固有症状

・異常可動性:骨が完全に折れている場合、通常ではありえない方向に骨が動くことがあります。
・軋轢音:折れた骨同士が衝突し、ゴリゴリとした軋轢音を感じる場合があります。
・転位と変形:折れた骨が移動し、折れ曲がる、捻転する、延長するといった変形を認めることがあります。

●全身症状

・ショック症状:顔面や手足の蒼白、冷汗、頻脈、虚脱感など。
大量の内出血によって体内の循環バランスが乱れ、上記のようなショック症状が発生すると考えられます。

・発熱:血腫や損傷した組織が吸収される際に、37〜38度の発熱を生じることがあります。

 

【骨折の併発症】

 

・関節損傷
・筋肉や腱などの軟部組織の損傷
・血管損傷
・末梢神経損傷

骨折端や骨片によって併発症を悪化させないように、受傷後は患部を安静にすることが大切です。

 

【脱臼について】

 

脱臼とは、関節が外れてしまったケガになります。
損傷の程度によって、完全脱臼と不全脱臼(亜脱臼)に分けられます。

・完全脱臼:関節が完全に外れ、関節を構成する骨が離れてしまったものを指します。
・不全脱臼(亜脱臼):関節が部分的にずれてしまったものを指します。

脱臼の多くは、肩関節に発生します。

 

【脱臼の種類・原因】

 

●外傷性脱臼

関節に強い外力が加わることで発生した脱臼です。

・スポーツ外傷(転倒、衝突)
・日常中の転倒
・交通事故
・あくび(顎関節)

などが挙げられます。

 

●病的脱臼

病気によって、わずかな外力で発生した脱臼です。

・麻痺性脱臼:関節を支える筋肉が麻痺することで、脱臼したものです。
・拡張性脱臼:炎症によって関節が拡張し、脱臼したものです。
・破壊性脱臼:関節の構造が破壊されることで、脱臼したものです。

 

【脱臼の症状】

 

●一般外傷症状

・疼痛:関節周辺に強い痛みを生じます。
・腫脹:内出血によって、患部が紫色に腫れてきます。
関節血腫を認めることもあります。
・機能障害:関節が動かせなくなります。

●固有症状

・弾発性固定:脱臼した箇所を押して動かしても、力を緩めるとバネのように関節が脱臼した位置に戻ろうとします。
・変形:骨が外れるため、関節に変形を認めます。
脱臼は正しい処置を行わないと、繰り返しやすくなります。

特に負傷直後の「RICE処置」が重要になります。

骨折・脱臼の対処法と日常から行える予防方法

スポーツや事故などで、骨折・脱臼が疑われる場合は、どう対処すれば良いのでしょうか。

受傷後は「RICE処置」を中心に、できるだけ素早い処置が求められます。

骨折・脱臼は偶発的に生じるため完全に防げませんが、ケガのリスクを抑えるための予防策もご紹介していきます。

 

【骨折・脱臼の対処法】

 

●RICE処置

骨折・脱臼が疑われる場合は「RICE処置」を行い、できるだけ早急に医療機関や接骨院・整骨院に行ってください。
整復(折れた骨、外れた関節を元の位置に戻す施術)と強固な固定(ギプス、シーネなど)を施すことで、疼痛の緩和と患部の自然治癒力の向上を期待できます。

・Rest(安静):損傷が悪化しないように、患部を安静にします。

・Icing(冷却):患部を冷却して、炎症や腫脹を抑えます。
→氷水やアイスバック、保冷剤などを、タオル越しに患部に当てて冷やします。

・Compression(圧迫):包帯やバンテージで患部を圧迫し、腫脹を抑えます。

・Elevation(挙上):患部を心臓より高い位置に挙上し、内出血を抑えます。

●POLICE処置

最近のスポーツ現場では、Restの部分が「Protection+Optimal Loading」になった、POLICE処置の考え方が主流になりつつあります。

・Protection(保護):包帯や固定具によって患部を保護し、再負傷、悪化を防ぎます。

・Optimal Loading(最適な負荷):患部に最適な負荷をかけて、組織の自然治癒力を高めます。

完全に安静にするよりは、早い段階で患部に負荷をかけた方が血流が回復し、自然治癒力がより高まるという考えです。
しかし、「保護」や「最適な負荷」は素人では処置が難しいため、医療機関や接骨院・整骨院といった、外傷の専門家の指示を仰ぐようにしてください。

●温める、ストレッチ

急性期の強い炎症がおさまりましたら、今度は温めるようにして、患部の血行を促進していきます。
状態をみながらストレッチや体操を行い、徐々に患部の可動域を広げていきます。

●正しい身体の使い方

骨折、脱臼では、関節を長期間固定するため、患部周辺の柔軟性と筋力が低下し、身体のバランスが崩れやすくなります。
リハビリで正しい身体の使い方を訓練し、再負傷しないようなケアをしましょう。

 

【骨折・脱臼の予防方法】

 

●体幹強化

・筋力強化
転倒を予防するために、体幹の筋力強化に努めましょう。
・腹筋
・背筋
・スクワット

などが挙げられます。

合わせて、片足立ちやバランスボールを使ったトレーニングで、バランス感覚も鍛えておきましょう。

●正しい身体の使い方

間違った身体の使い方をしていると、身体の局所に負担がかかりやすくなり、疲労骨折のリスクが高まります。
スポーツをしていて、同じ箇所に痛みを繰り返している方は、一度ご自身の身体の使い方を見直してみましょう。

●食事

骨の強度を下げないように、カルシウム、ビタミンK、ビタミンDを積極的に摂取しましょう。

・カルシウム乳製品(牛乳チーズヨーグルト)魚介類大豆製品海藻類緑黄色野菜など。
乳製品は他の食品に比べて、カルシウムの吸収率が高いと言われています。

また、乳製品、魚介類、大豆製品には、身体の素であるタンパク質も豊富に含まれています。

・ビタミンK納豆小松菜ほうれん草など。
ビタミンKは、骨へのカルシウム沈着を助ける働きがあると言われています。

・ビタミンD干し椎茸きくらげさんま卵黄など。
ビタミンDは、カルシウムの腸管からの吸収をスムーズにさせる働きがあると言われています。

食事だけではなく、日光浴によってもビタミンDが体内に生成されます。

大網街道整骨院の【骨折・脱臼】アプローチ方法

まずはRICE処置を行います。

固定が必要な場合は、着脱可能なギブスシーネ固定を行います。

応急処置をして近隣病院へご紹介させていただきます。

 

症状の悪化に繋がってしまう前に、お早めにご相談ください。

著者 Writer

著者画像
院長:平本 賢治(ヒラモト ケンジ)
【生年月日】1984/6/21

【血液型】 B型

【出身】 千葉県鴨川市出身 
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:大網街道整骨院
住所〒299-3251 千葉県大網白里市大網28-5 和はうす101
最寄:大網駅から徒歩13分
駐車場:16台
                                                                   
受付時間
9:00〜
12:00
- - -
15:00〜
19:00
- - -
定休日:火曜・日曜・祝日
予約の方優先でご案内させていただきます。

【公式】大網街道整骨院
公式SNSフォローお願いします!

【公式】大網街道整骨院
公式SNSフォローお願いします!

いつでも!どこからでも!カンタンLINE予約!

  • いつでも新患様を受け付けおります!
  • 身体の悩み、まずはLINEでお聞かせください!